学校・不登校

学校・不登校

新学期の始まり。辛いことや我慢して苦しむことのない一年にする~信頼関係の大切さ

新学期が始まりました。 見たいテレビのために早起きすると春休みに入ってから言っていた息子は、しばらく早起きできませんでした。 「あー今日も起きられなかった、起こしてよ!」 「起こしたよ?でも起きなかったよ?」 ...
学校・不登校

不登校の「罪悪感」は少しずつでいいから忘れよう。きっと学校へ行けなくても大丈夫。

息子が学校へ行けなくなってから4ヶ月が経ちました。 春休み直前、担任が転勤になるからとあいさつに来て。 きっと来年度もいるんだろうなと思っていたから、ちょっと驚きました・・・でも、申し訳ないけどほっとしたのが正直...
学校・不登校

子供を理不尽に縛り付けているのは結局、学校教育と社会~学校がすべてじゃない

昨日は息子がお昼ころまで起きなくて、娘と2時間ぐらい延々とLINEで話していました。 娘とは訳あって別々に暮らしているので、普段は電話するよりLINEする方が格段に多いです。 私自身電話が苦手というのもありますが...
学校・不登校

スクールカウンセラーを初めて利用したときのこと~勉強に対する「ごほうび」の効果

学校へ行きスクールカウンセラーの方とお話してきました。 スクールカウンセラーというのがどういうものなのか、教育相談とは違うのかいまいちわかっていなかったし、何の役にも立たない、形だけのところもあるという噂は聞いていたの...
学校・不登校

夏休み・冬休みの宿題を大量に出す先生、代行業者に頼む保護者。その間にいる子供の気持ちも考えて。

夏休みや冬休みといった長期の休みでいつも思うのは、宿題のこと。 「出しすぎだ」と思っている親御さんも多いと思います。 夏休みや冬休みは、いつから宿題地獄になってしまったのでしょう? 自分が子供のときも、確か...
学校・不登校

不登校になってからの子供の1日。ホームスクールを始める。

子供は学校へ行けなくなってしまったけど、なるべく今までと変わらない生活を送りたい。 そう思いながら毎日過ごしています。 2人暮らしなのでつい、「学校へ行かないなら朝早く起きなくてもいいや」という気持ちになってしまう。 ...
学校・不登校

「学校を休む」ことの罪悪感。不登校の子供は大人が思う以上に感じている。

子供が完全に学校へ行けなくなってから、20日ほどがたちました。 不登校になるまでの出来事を振り返ってみて、すごく辛いのにすごく頑張らせていたことに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 振り返っても過ぎてしま...
学校・不登校

不登校の子へのプリントとお手紙問題〜「良かれと思って」は時に人を傷つける

子供が学校に行けなくなってから2週間。 少しずつではあるけど気持ちを教えてくれるようになり、今までどれだけ我慢していたのかがわかってきました。 あまり質問すると心を閉ざしてしまうので、本当に少しずつ。 イヤな思...
学校・不登校

子供が初めて教えてくれた「感覚過敏」の症状。偏食や環境など

リフレッシュのつもりが、結局息子を疲れさせる結果になってしまった。 不登校になって2度目の週末。 平日の5日間ほとんど外に出ることなく過ごした息子をリフレッシュさせたい。 何か楽しい場所に連れて行こう。 そう思っ...
学校・不登校

学校に「洗脳」されていたのは、自分だったのかもしれない。教育とは?

「学校へ行きたくない」と休んでから1週間ほど。 不登校になりかけていた息子が、完全に不登校になってしまいました。 でも、まだ1週間です。 今まであんなに1日24時間じゃ足りないと思っていた私が、こんなに1週間を長く感じ...
タイトルとURLをコピーしました