子供が不登校になりかけている今、思うこと〜「学校へ行きたくない」

この記事は約6分で読めます。

不登校。

この言葉は好きではありません。

悪いイメージばかりが先行して、不登校が悪いことだとされるから。

子供が不登校になると、世間は真っ先に親を責めるでしょう。

「どうして行かせないの?」
「甘やかしてるんじゃない?」
「家庭環境が悪いんじゃないの?」

正直に言うと、私もそんなふうに思っていました。子供が学校のことで悩むようになるまでは。

当事者にならないとわからないことがたくさんある。

だからこそこうして文字にして表現することは必要だと思います。

不登校の原因は家庭環境やいじめだけではない

当時上の子が中学生だったころ。

子供が学校のことで悩むようになってから、不登校にはいろんな原因があるということに、私はようやく気がつきました。

「先生の怒鳴り声が辛い」
「怒られているクラスメイトを見るのが辛い」
「いじめられている子をかばうのが疲れた」

これは実際に子供が私に訴えてきたことの一部にすぎません。

上の子は不登校にはなりませんでしたが、その寸前までいきました。

正確には「気付いていたのに見て見ぬふりをしていた」というのが正しいのかもしれません。

現実から目を背けていたんだと思います。

そんな上の子ですが、現在は楽しく、自分の好きなことができる高校を選んで進学しています。

不登校と聞くと、家庭環境やいじめが原因と思われがちですが、そうではないこともまた多いのではないでしょうか。

そう気づかせてくれたのは、上の子です。

そして今、下の子である息子Kが「学校へ行きたくない」と訴えています。

原因となっているのは学校やクラスメイト、先生。

学校は、さまざまなことを学ぶ場所。

でも宿題の量とかあらゆる面で、辛いことや我慢しなければならないことが増えています。

そしてそれを当たり前だ、忍耐力をつけろと。

「イヤなことも耐えなければ、強い子にはなれない。 乗り越えてこそ成長するものだ。」

多くの大人はこう思っているのではないでしょうか。

子供が壁を乗り越えることができれば、それは確かに成長なのかもしれません。

だた、無理に伸ばそうとすることは正しい言えるのでしょうか。

精神的に疲弊しているのに「これができたから、これもできるね」と、ハードルをどんどん上げていって。

「ここまでおいで」と成長の距離をどんどん延ばそうとする。

ゴールはいつまでも見えてこない。

「ここまで来れたから、少し休もうか」ではなぜダメなの? 学校は楽しく学ぶ場所ではいけないの?

「我慢する」「辛さに耐える」ことは成長なのか

この間、Kの学習発表会がありました。

練習のときから聞いていたのは、「誰よりも上手で、すごくがんばっています」と。

先生方から受けるその期待が、ものすごく重かった。

ほめられることは、たしかに自信につながるのかもしれない。

でも、おかげで「じゃあこれもできるよね?」とやっぱりハードルをあげられて、どんどんゴールを延ばされていました。

子供がきちんとできているのは、相当頑張っているからです。

本当は辛くて仕方ないのを、私はわかっていました。

だからものすごく複雑な思いでした。

「がんばれているからと、ハードルを上げるのはやめてほしい」

「どこまでがんばれるという判断は難しいかもしれないけど、問題がないときはものすごくがんばっているからこそだと考えてほしい」
と先生には伝えました。

学習発表会はなんとか無事に終えられました。
でもなぜこんなにがんばらせてまで、みんなと一緒のことをしなければならないのかと、疑問だけが残りました。

みんなで何かを成し遂げることで、学びと成長を得られるのかもしれない。

でも今の学校行事は、どこか感動ポルノのように私は感じてしまうのです。

子供が学校に対して辛さを感じているからこそかもしれませんが。

我が子の成長した姿を見られるのが親にとっては感動的でも、子供にとってはものすごく辛いことなのかもしれない。

そう思うと、どうしても疑問を感じてしまいます。

「辛さを乗り越えてこそ成長する」なんてよく言うけれど、できれば辛いことはない方がいいに決まってる。

辛さを味わうことがなければ、忍耐力がない人間になってしまうとは私は思えなくて。

苦しさや辛さを乗り越えるのが、美徳になってはいけないと思うのです。

「学校へ行きたくない」と言った子供のこと

学習発表会が終わってしばらくは、子供は疲れ切っていました。

ひとつのヤマ場を越えたことの反動がやってきていました。

そのとき、決定的な事件が起きます。

ある日、職員室で待たなければならない場面で、子供はちょっとだらけてしまったそうで。

それを先生方に注意され。担任に怒られたようで。

Kは泣きながら帰ってきました。

先生は怒ったつもりもなく、注意しただけだとは言っていたけど、子供にとってそれが決定的だったのだと思います。

それから「学校へ行きたくない」と。

確かに子供が悪いのかもしれません。

でも。

大きな行事をやりきったことには、それだけのダメージがあるということで。

普段はできることもできなくなるかもしれない。

発達障害のあるKに限らず、燃え尽き症候群じゃないけど、行事ごとに疲れ切ってしまう子は少なくないのではないでしょうか。

口に出さないだけで、耐えているだけ、疲れ切っているんだと。

子供は大人が感じている以上に、大人の言動や行動をしっかりと見ています。

大人にとってはちっぽけなことでも、子供にとっては一生心に残るかもしれない。

これは家庭だけでなく学校でも同じで、先生の言動や行動は、子供にとって大きな影響を与えます。

だから今回先生に怒られたことは、深く心に残っているんだと思います。

そして、学校では辛いことが多いってことも。

「行きたくなかったら休んでいいんだよ」 そう子供には伝えたものの、もしこのまま学校へ行かなくなったらと思うと不安です。

子供の不登校を受け入れるのは、とても勇気がいることで。

周りからは偏った目で見られて、肩身の狭い思いをして。

辛い思いをしているのは子供だけではなくて、親だってそうで。

でも子供のためにある学校が子供にとって辛い場所になってしまうのなら、「行かない」という選択肢はあってもいい。

「行けない」になる前に「行かない」を選ぶことで、子供が安心して過ごせるのなら。

ただ「行けるのなら行ってほしい」と思うのも当然だと思うし。

私も含めて、子供の不登校にいろんな思いを持って、悩みながら暮らしている親御さんはきっと多いだろうと思っています。

学校教育が変わらなければ、不登校の子供は増える一方

不登校の子供は、どんどん増え続けています。

同じ年齢の子供というひとつのくくりだけで、同じように指導して同じように型にはめる今の学校教育では、辛い子供は増える一方です。

時代も変わっているのだから、同じように学校教育も変えていくべきなのに。

子供が十人十色であるように、学校教育もそうでなければ、辛くなる子供が増えるのも当たり前じゃないかな、と。

一定の指導が合う子供もいれば、合わない子供もいるのだから。

こうやって言うと、「先生の仕事を増やすな」という声が聞こえてきそうですが。

私は、今の学校教育は時代錯誤だと思っています。

大人数をたった一人で担任を持ち、指導しなければならない小学校の先生だって、部活動を受け持つ中学校の先生だって、本当に大変だと思います。

学校教育そのものを変えていかなければ、このままでは学校が子供も先生も辛い場所になってしまう。

いや、すでになっているのです。

スクールカウンセラーを学校に配置したところで、解決することなのでしょうか?

子供にちゃんと寄り添ってくれる先生は、いったいどのくらいいるのでしょうか。

子供のこと、先生のことを考えてくれる学校は、どのくらいあるのでしょうか。

自分の子供が不登校になりかけている今、深く深く考えています。

 

※2017年に書いたものを再掲しています※

コメント