発達障害の検査結果から思うこと~親でも子供の全てを理解するのは難しい

発達障害
この記事は約5分で読めます。

先日息子の発達検査の結果を聞きに行ってきました。

私一人でも良いということだったので、一人で。

 

結果を聞きながら思っていたのは、やっぱり親であっても子供のことを100パーセント理解できるわけではないということです。

 

こうして検査することで、息子の特性や苦手な部分、伸ばしていける部分を知る。理解する。

 

どこがどう成長して、どこが難しいのか。
ずっと同じではないのだから、やはり定期的に検査は受けなければならない。

 

自分で対処出来ていたからと2年も開けてしまうのは、子供のためにはならないと気づかされました。反省です。

 

検査を受ける数か月前、療育手帳の更新のために検査を受けていました。
病院で受ける検査とは異なります(自治体によっても異なるようです)。

 

療育手帳の更新が認められた

そこでの結果を聞いて、「息子はやっぱり知的障害ではないのかな」と思っていました。
結果としてのIQが、以前よりも高めに出ていたからです。

 

だから療育手帳は更新されないと思っていましたが、そのほかの面を考慮され、結果的に更新が認められました。

 

もちろん、この手帳がすべてではありません。
でも今の社会では、「手帳ありき」という部分が多々あるのも現実です。

 

障害と診断されない人だっている。手帳の基準に満たない人だっている。
それもわかっています。
でも正直なところ、ほっとしています。ごめんなさい。

 

検査結果はずっと口頭のみで伺っていたのですが(文書を有料で出してくれることを知らなかった)、今回は担任の先生にも伝えたかったので、文書を出してもらいました。

 

発達凸凹が如実にあらわれていた

 

文書を見たとき、ちょっと愕然としたというか。
覚悟はしていたはずなのですが。

 

見事なまでの凸凹具合で・・・分かっていたはずなのに、衝撃でした。
この凸凹が、生きづらさなんだなぁと。

 

IQがすべてではありませんが、息子のIQは「知的障害」とされる値でした。
もちろん、検査環境や子供の調子にもよるかと思います。

でもちょっとショックを受けました。

合成得点と言われる値も、全部平均以下でした。

得意だと思っていた記憶力などのワーキングメモリーも、飛びぬけているわけではありませんでした。

 

一番息子が辛いのは「なぜ」「どうして」「何」という抽象的な表現、あいまいな表現。

これはわかっていましたが、学校の先生にはなかなか理解してもらえない部分で。

 

あとは、耳から聞いたことは理解しにくいわけではなく、集中できないことで耳から入りにくいということ。

だからちゃんと注意を向けさせて言葉で伝えれば、伝わる。

ここは私も理解できていなかった部分でした。

どうりで、遠くから話しかけても全然聞いてないわけだ。

耳からプラス、視覚で示してあげることで格段に理解は深まるということもわかりました。

 

「もの」の概念が理解できていない

 

もう一つ、私がわかっていなかった部分。
それは「ものの概念」。

 

例えば「トンボ、ちょうちょは何の仲間?」という質問があるとします。
一般的な答えは「虫」なのですが、息子の場合は「羽が生えてる」。

間違いではないんです・・・間違いではないんだけど。

人と比べて、ものの概念というものが少し違うみたいで。

着眼点が違うというか、観点が違うというか。

 

だから「リンゴとミカンは何の仲間?」というのも、一般的には「果物」と答えるところが、息子の答えは「丸い」。

でも間違いではない。

 

だから息子が持っている概念を踏まえつつ、一般的な概念というのも一つ一つ教えてあげなければならない。

これが今回検査をして、一番気づかされた部分でもあります。

 

自己肯定感のアップと助けを求められるスキルが課題

 

息子にとって、自己肯定感の低さは一生の課題かもしれません。

検査にせよ学校にせよ、「できない」ことが息子はマイナスととらえてしまう。

 

失敗するという経験は生きていくうえでもちろん必要かもしれない。

でも成功体験を増やして自己肯定感を高めるのがすごく大切なんだということを、改めて感じました。

 

あとは何事も見通しを立てて。
目で見て耳で聞いて理解できるように。

 

そして一番の課題は、自分の気持ちを伝えること。
自分の辛さや助けてほしいことが、今はまったく表に出せない状態です。

 

身体症状に出たときは、相当なヘルプサイン。

このヘルプを必要な時に自ら出せるかどうかが、今後の大きな課題なんだと思います。
これが難しい・・・。

 

色々な課題が見えた検査結果でした。

こうやって書くことで、今後どうしていくべきか見つけ出せればと思います。

 

息子が生きていきやすいように。
私がもっと理解してあげられるように。

 

発達障害の子供は支援学級か普通学級か。迷う親御さんに伝えたいこと。
息子の学校の支援学級には夏休み明けから、来年度入学する子供と親御さんが見学に来たりします。 私も息子が幼稚園年長の秋ごろ、支援学級か普通学級かですごく悩みました。 周りからは「普通学級に入れた方がいい、支援学級じ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました