不登校になってからできなかった運動が、少しずつできるように

この記事は約4分で読めます。

※2020年10月15日に書いたものです※

昨日も充電日でした。
また布団から出るまでの闘い…でも一昨日よりは時間がかからなかったかな?

学校へ行く日は渋々でも比較的すんなり起きるので、充電日もきちんとスケジュールを組んだ方が、起きられるのだろうか?

楽しみがある日は一発で起きるから、毎日何か楽しいことを…とは思う。
思うんだけど、じゃあ今のKは何がやりたいかっていったら、「わからない」だし。

やっぱり子供が興味を持ちそうなことを提案したり、興味を持っている物ごとを掘り下げていって、子供にマッチするまで試行錯誤する必要があるのかな?と思います。

〜〜〜

Kが不登校になってからしばらくは、休みの日以外はほとんど家から出なかった。

最初のころは本当に気力がなくて。
ずっとワンオペで、今とちがってTとは別々に暮らしていたし、私自身も気力がなくて。

毎日なんでこんなに長いんだろうとすら思った。
外に出ないぶん、必然的に動かなくなり。
土日に外出することが、唯一の運動でした。

またTと暮らすために引っ越してからは、少しずつフットワークも軽くなって(今もまだ重めだけど)、外へ出る機会も多くなりました。

子供が行ってみたい場所へ、計画して行くようになって…不登校の罪悪感も少しずつなくなっているような気もしたり。

ただ、それでも運動不足であることには変わりなくて。
よし!運動しよう!とゴリゴリに決めてしまうと、やはり抵抗があるK。

おそらく、小学校で運動の苦手意識がどんどん強くなっていっていたんだろうと思います。
学校での体育はいまだにたまにしか出られません。

本人の中ですっかり苦手なものになってしまったものを、楽しいものに変えていくのはなかなか難しい。
でも運動しなかったことで、少しぽっちゃりになったし、そこはKも気にしていて。どうやって運動を楽しく習慣化できるか…と模索していました。

寝る前にヨガの動画を見ながら一緒にやったりもしたけど、続かなかった。
でも運動させなきゃならない。

病院の先生にも相談してみたけど、Kにマッチしそうなものはなかなか見つからず…。

運動に抵抗がないよう、なるべくラクに運動できるようにブルブルマシーンも買ってみたけど、Kにはマッチせず。

どうしたものか、と思っていたとき。
手に入ったんです。うわさのリングフィットが!!

品薄で手に入らないと言われている、リングフィット…!Tが抽選販売に当たりました。

リングフィットを手に入れてからも、しばらくは食いついてくれませんでした。
でも、Tが毎日やっているのを見て、少しずつ興味がわいてきたようで。

とうとう、1か月ほど前からKもリングフィットを始めました…!

またこれも続かないのかな…なんて思ったりもしましたが、なんとこれがKにハマったようで。

ほぼ毎日、少しずつですが、リングフィットのおかげで運動ができています。

これはずっと思っていたことですが、リングフィットで運動ができるようになったことは、確信材料のひとつになりました。

ゲームが好きなKにとって、「ゲーム感覚」でできることは、意欲を引き出すいい方法なんだと思います。

勉強面も、ゲームから取り入れればいいんじゃないかと。
「ゲームやったのに、知らぬ間に勉強になってた!」という感覚が、いちばん抵抗感なく学べるって確信しています。

たしかに、教科書の内容を全然やらないことに不安がないといえばウソになるけど、個人的にはゲームから学べることはたくさんあるんじゃないかなぁって思っています。

だから最近は、勉強勉強ってやらせるのではなく、とにかく苦手意識と抵抗を減らせるよう、子供とゲームしています。

リングフィットもゲームだけど運動になっているように、ほかのゲームも、やることでいろんな知識や学びが得られているな…って、子供とゲームしたり、知ったりすることで私自身が学びになっています。

どうしても大人は「ゲームは悪」になっちゃうけど、捉え方しだいなのかなと。

子供の興味がある物ごとを掘り下げていくことで、知らぬ間に勉強になっている。

この積み重ねで、いろんなことへの意欲を取り戻せば、Kにとって何か自信につながったり、自己肯定感が少しでも上がっていくような気がしています。

ゲームが学びになる具体的な部分は、また書けたら…。

このままムリなく、リングフィットで運動が継続できたらと思います。

ありがとう、リングフィットアドベンチャー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました