環境の変化は気持ちの変化を生むかもしれない〜引っ越して新生活スタート

この記事は約4分で読めます。

※2019年5月13日に書いたものです※

 

この春引っ越しをしました。
子供たちのことを第一に考えての決断です。後悔はありません。

知り合いもいない土地で、心機一転、生活をスタートすることに不安はたくさんあったけど…引っ越して良かったなと思っています。

もちろん、Kは学校も変わりました。
転校前はずっと苦しい気持ちで…昨年の冬休み明けからは、結局一度も学校へ行くことはありませんでした。

引っ越し直前にはまた体調を崩し、本当に引っ越しできるのだろうかと不安でしたが…なんとか引っ越しも無事に終わり、1ヶ月が経とうとしています。

Kはというと、引っ越し前とは見違えるほどに表情が明るくなりました。
環境が変わったことに、本人も何か気持ちが変わったんだろうと思います。

もう私は、それだけでうれしいです。
忘れないうちに、引っ越してからのことを書き留めていきます。

前の住まいとは天と地の差だった、学校の対応

新しい住まいの教育委員会の方とは電話で何度かお話はしていたけど、引っ越してから初めて会いました。

電話で話している感じで、「何かちがう」と思っていました。これは良い方向に、です。
実際に会ってみて、その気持ちに間違いはありませんでした。

とても気さくで人当たりのいい、話しやすい人たちでした。

教育委員会との面談はまず、私1人で行いました。
これはきっと、子供がいると話しづらいこともあるだろうし、Kのことも配慮してくださったんだと思います。

今までのこと、前の学校でのことなど、限られた時間ではあったけど詳しく話しました。

教育委員会の方も、前の住まいの教育委員会から資料を提供してもらっていたそうですが、その資料はなんの参考にもならない、紙切れ1枚のものだったとそのとき聞きました。

だからKがどんな子かわからず、判断しかねていた、と。

ただ学校からの資料はきちんと書かれていたようで。でもそれだけで判断はやはりできなかったから、実際に会ってみてよくわかった、良かったと。

個人的には適応指導教室を希望していたのですが、残念ながら息子のような不登校で知的障害と情緒障害がある子供には対応できないとのこで…学校の支援学級(知的)に在籍が決まりました。

「ここなら大丈夫」と思えたエピソード

驚いたのは、教育委員会の方が新しい小学校への見学に連れて行ってくれたこと。
前の住まいではこういうことは一切ないので、こんなに手厚いのかと本当にびっくりしました。

学校へ行く前には、市内の観光名所や支援学校の場所などを車で案内してくれました。
こういった待遇を受けたことがなかったので、「いいのかな?いいのかな?」と思いつつも、ちょっと楽しかったです。

学校見学もすごく安心できました。
何より驚いたのは、支援学級の子供たちがみんな落ちついていて…おだやかで。
先生方も校長先生も副校長も、おだやかで。

「あぁ、こういう学校だから子供もおだやかなのかな」って、心の中で思いました。

Kも最初は緊張した様子だったけど、先生の質問にもちゃんと受け答えしたり、YouTuberの話に食いついたりして。

最後に校長室で面談…というよりも雑談という感じで、みんなでコーヒーを飲みながら今後のことを話しました。

Kはちょっと飽きてきて、ソファに立ち上がったりしてしまっていたけど…校長先生は「いいのいいの!ここにくるとみんなそこでピョンピョンしてるから!もう飽きちゃったよねー」と。

まずこんなに気さくな校長先生に出会ったことがなかったから、ある意味カルチャーショックでした。

ちなみにコーヒーも、校長先生が全員の分をいれてくれました。

「まぁ、少しずつさ。ムリしちゃいけないから。とりあえず来週、1回来てみて?ムリでも大丈夫だから。」と校長先生。

前の学校みたいに「どうにか来れませんか?」って言われたらどうしようって、ずっと不安でした。

でも学校を見学して、先生方と話して、「ここならKのペースでムリせずにゆっくり進めそうだ」と初めて思えました。

久しぶりに学校へ

翌週、Kは短時間だけど1日だけ学校へ行きました。
しかも今までずっと私が付き添わないと学校の中にも入れなかったのに、送り迎えだけで。

「ムリさせてないだろうか」って不安だったけど、迎えに行くとニコニコ笑顔のKが出てきて。
ちょっとホッとしました。

帰ってからKはいつも通り…いや、疲れてるはずなのに、すごくゴキゲンで。
もしかしたら本人も、ずっと行けない後ろめたさを感じていたのかな。

うれしそうなKを見ていると私もうれしい。
間違いなく、引っ越して環境を変えたことで、Kの中で何か気持ちが変わったんだろうと思います。

思い切って引っ越しして良かった。のんびりゆっくり、Kのペースで少しずつ前を向いてくれたらいいな。

コメント