子供に意欲を持たせるには?ポイント制にしてみた

この記事は約2分で読めます。

※2020年10月16日に書いたものです※

なかなかどんなことにも意欲を持てなくなっているK。
いろいろ試行錯誤していますが、お互いにまた苦しくなってはいけないので、ゆるくゆるーく試行錯誤しています。

 

朝なかなか起きられないことは前のブログでも書いたのですが、試しにポイント制を取り入れてみることにしました。

朝、自分で目覚ましをかけた時間に起きられたら1ポイント。

10ポイントごとに、「K大好物の回るお寿司(テイクアウトですが)が食べられる!」と決めました。

Kに提案すると、「お、それいいねぇー」とのってくれました。

とりあえず、昨日から始めてみて…昨日は学校へ行くということもあり、起きられました。

とはいえ、一般的な時間よりはだいぶ遅めですが…低く低く、スモールステップが大事だと思うので。

今日は急きょ、学校へ午前中から行くことになり…起きられるかな?と心配でしたが、やはり予定があると起きられるのか、すんなり起きられました。

ポイント制というご褒美に効果があるのかはわかりませんが、「10ポイント貯めたら大好きなお寿司」という目標ができたことで、意欲も出てくるかな?という…。

考え方によっては「モノで釣るのは良くない」と思うかもしれません。

でも、こうしてご褒美を与えることに私は抵抗はないです。
もちろん、人それぞれ価値観がちがう、というのは前提ですが。

たとえば、お酒を毎日飲む方でいう、「仕事を終えたあとの一杯」のようなものかなーと。

「これをがんばれば楽しいことが待っている」
そう思うと、やる気が起きますよね。

私にとって、1日の終わりにおいしいスイーツを食べるのがご褒美のように、そういうご褒美が、子供にあっても…いやあった方がいいと思っています。

「子供だからがんばるのが当たり前」ではないと思います。

やる気やがんばる力は、エネルギー貯金が貯まっているからこそ、出てくるものではないでしょうか?

ポイント制が続くかはわかりませんが、もうちょっと早く思いついていたら…。
起きられない日々がかなり長かったから。しばらく続けてみようかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました