運動会はどうするのかなぁ?厳しい練習はいらない

この記事は約2分で読めます。

※2020年10月20日に書いたものです※

もうすぐ運動会。
今年はコロナの影響もあって、この時期になりました。

運動会以外の行事は今年度ぜーんぶ中止になってしまったけど…。
なんで運動会だけはやるんだろうって疑問はあるけど、そこは飲み込んで。

〜〜〜

昨年は転入してきたばかりで、学校へもほんの少ししか行けてなかったから…Kの選択は「運動会は出ない」でした。

今年は…というと、最初は出ないって言ってたけど、練習は少しずつ出ていて。
気になっているようす。

出るのか出ないのかはっきりさせたい部分もあるけど、とりあえず練習に出てみて、大丈夫そうだったら出ようかなぁという気持ちなのかなぁーと思って。

「出るの?出ないの?」って何度も聞くのもちがうかなと思うし、とりあえずKの気持ちを第一に、見守っています。

運動会って、なんかもっと楽しく、ただ純粋に運動を楽しむ会じゃダメなのかな?
もっとハードルを下げて、みんなが楽しめる会にならないのかな?
みんなが楽しめることを目標に、できないのかな?

運動会自体をなくせとは思わない。
運動会が晴れ舞台な子もいるだろうし、家族にがんばっている姿を見せたいって子もいると思う。

ただ、そこで運動会が苦手な子の気持ちが置き去りになってしまうのも、私はちがうと思う。
練習が辛くなってしまうのも、できない子が辛い思いをするのも、逆もちがう。

ただでさえキツキツの授業時間を練習時間にあててまで、やるべきなのか。
以前の私なら、子供の不登校で傷ついた状態の私なら、「運動会なんてなくていい、出なくていい」って単純に思ってました。

でも今は、それは親が決めることじゃないなって…子供が自分の意思で出たいと、がんばりたいと言うのなら、それを「出なくていい」なんて言葉でコントロールするようなことはできないし、しちゃいけないんだと思います。

先回りして答えを出してしまうことは、これからもしないでおきたい…でも心配がゆえにしてしまいそうにもなる。

辛かったら休む。
楽しかったら行く。

このくらいのゆるさで、これからもゆっくり進んでいけたら…。
運動会までハラハラドキドキの日々が続くけど、見守ってサポートしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました